CentOS7のコンテナ作成

Dockerを使ってCentOS7のコンテナをインストールしてみたいと思います+(0゚・∀・) + ワクテカ +

コンテナを作るためにまずコンテナのもととなるイメージが必要なります。 イメージはDocker Hubなどで提供されていたり、個人で作成されたイメージなどを利用する事が可能とのこと。

大雑把に行ってしまうとスナップショットみたいなものがあるからそれを使えばコンテナとして利用できる!みたいな?感じなのかな・・・(´ヘ`;)ウーム…

とりあえず今回はDocker HubにアップされているCentOSイメージを利用してコンテナの作成を行いたいと思います。

Dockerのインストールがまだ終わっていない方は下記記事を先に読んでください

Docker for Windows インストール

目次

  1. CentOSのイメージ取得・確認
    1. イメージの取得
    2. 取得イメージの確認
  2. コンテナの起動・停止
    1. 起動
    2. 起動確認
    3. 停止確認
  3. コンテナに接続
  4. コンテナ削除

CentOSのイメージ取得・確認

イメージの取得

Docker Hubリポジトリにあるcentosのcentos7というタグが付いてるイメージを取得する。

docker pull centos:centos7

取得イメージの確認

docker images

コンテナの起動・停止

起動

-it:コンテナのプロセスにttyを割り当てる。-tオプションと-i オプション をまとめたもの。

-t オプション

tty(擬似端末)が割り当てられない(ホストとコンテナのstdin, stdoutが接続されない)ので、コンテナに対する操作が不便になります。例えば、
入力で言うとホスト端末に設定されているキーバインド等が利用できません。
出力で言うとホスト端末に設定されている出力の色等が反映されません。

-iオプション

stdinをオープンしない(入力を受け付けない)ので、コンテナに対する操作ができなくなります。
逆に-iだけでコンテナに対する操作はできます(-tは必要ありません)。
-iと-tをセットで覚えている人がほとんどですが、-tがなくてもコンテナは入力を受け付けるのでviだってcpだってできます。

参考記事

docker runのオプションについて

docker run のtオプションについて

-d

コンテナをバックグラウンドで実行する。

-name

作成するコンテナに名前をつけるオプション。

docker run -it -d --name centos7 centos:centos7

起動確認

docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED              STATUS              PORTS               NAMES
4c47a460beeb        centos:centos7      "/bin/bash"         About a minute ago   Up About a minute                       centos7

停止確認

docker stop centos7
centos7

停止を確認したら再度起動しておきます!

docker start centos7

コンテナに接続

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

これでローカル環境の中にCentOS7のコンテナに接続できました。あとはほぼいつも通りCentOSを利用する事が可能です!!スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

docker exec -it centos7 /bin/bash
[[email protected] /]# uname -a
Linux 4c47a460beeb 3.10.0-862.3.3.el7.x86_64 #1 SMP Fri Jun 15 04:15:27 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

コンテナ削除

必要無くなったらコンテナは下記で削除できます。

docker rm centos7

これでCentOS作りたい放題_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です