ドメインプロパティの追加

少し前からサーチコンソールでプロパティセットが使えなくなってしまって
早くドメインプロパティが使えるようにならないかな~って思ってたら機能キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

メールで「新機能であるドメイン プロパティがアカウントに追加されました」という通知が来てました。

メールで「新機能であるドメイン プロパティがアカウントに追加されました」という通知が来てました。

ウェブマスター向け公式ブログでも告知があったようです。

Search Console の新機能ドメイン プロパティをご紹介します

ドメイン プロパティには、同じドメイン名のすべての URL のデータが表示されます。Search Console にウェブサイトを登録することで、同じドメインのすべてのプロトコル、サブドメイン、パスのデータが集約されるため、手動でデータを集計する必要はありません。モバイルページ用に「m.」で始まる URL を使用している場合でも、HTTP から HTTPS に移行する場合でも、サイトのデータが Search Console に自動的に集約され、Google 検索でドメイン全体がどう認識されているかを簡単に把握できます。



https://webmaster-ja.googleblog.com/2019/03/announcing-domain-wide-data-in-search.html

目次

  1. ドメインプロパティとは
    1. 旧サーチコンソールのプロパティセットとの違い
  2. サーチコンソールで対象ドメインをプロパティに追加する。
    1. プロパティ追加を選択
    2. プロパティタイプの選択
    3. DNSレコードでのドメイン所有権の確認
  3. DNSにTXTレコードに追加する
    1. お名前.comにTXTレコードを追加
  4. TXTレコード認証

ドメインプロパティとは

サーチコンソールではプロパティ単位で検索パフォーマンスなどを確認することが出来ます。

プロパティは基本的にはドメイン単位で登録するために、サブドメインでwwwとwww無しやhttp、httpsなどは別物として認識されてしまいます。

そういったサブドメインなどを全て含めて検索パフォーマンスを見たい場合に、ドメインプロパティを使うことでサブドメインを含めたものや http、https の違う場合にも合算してくれる便利な機能ですワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

旧サーチコンソールではプロパティセットと呼ばれていたものと似ています。

旧サーチコンソールのプロパティセットとの違い

旧サーチコンソールのプロパティセットは複数のプロパティをまとめるものだったので今回のドメインプロパティと同様の機能ですが、違う点としてはドメインプロパティがドメイン単位でしかまとめられないのに対して、プロパティセットは複数のドメイン(別々のドメイン)をまとめることが出来た点になります。

この別々のドメインをまとめられた機能は個人的には便利で利用していましたが・・・無くなって残念です(´・ω・`)ショボーン

サーチコンソールで対象ドメインをプロパティに追加する。

プロパティ追加を選択

まずは、サーチコンソールにログインして左上にあるプロパティ一覧から追加を選択

まずは、サーチコンソールにログインして左上にあるプロパティ一覧から追加を選択
まずは、サーチコンソールにログインして左上にあるプロパティ一覧から追加を選択

2.プロパティタイプの選択

左側のドメイン入力欄に該当するドメインを入力して「続行」を押す

左側のドメイン入力欄に該当するドメインを入力して「続行」を押す

3.DNSレコードでのドメイン所有権の確認

DNSレコードにTXTレコードを追加する内容が表示されるのでコピーしてDNSレコードに追加する。画面は開いたままにしておきます。

 DNSレコードにTXTレコードを追加する内容が表示されるのでコピーしてDNSレコードに追加する。画面は開いたままにしておきます。

DNSのTXTレコードを追加

お名前.comにTXTレコードを追加

DNSを変更する場合には、ドメインを管理している各サービスごとに違ってきます。
今回は例としてお名前.comでの方法になります。こちらを参照してください!

TXTレコード認証

手順3で表示された画面で「確認」を押すと、DNSレコードの確認が行われます。

DNSレコードが正しく反映されていれば、認証が成功して下記の画面が表示されます。

DNSレコードが正しく反映されていれば、認証が成功して下記の画面が表示されます。

TXTレコードが正しく設定されていない場合や、追加されているけどDNSレコードが反映されていない場合には下記のようなエラー画面が表示されるようです。

TXTレコードが正しく設定されていない場合や、追加されているけどDNSレコードが反映されていない場合には下記のようなエラー画面が表示されるようです。

TXTレコード追加したのに反映されないよ!!!っていう方はDNSレコードの反映にはタイムラグがあるので「後で確認」を押して暫く大人しく待ちましょう!(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

認証画面の注意事項に

注:DNSの変更が適用されるまでに時間がかかる場合があります。Search Consoleですぐにレコードを確認できない場合は、1日待ってからもう一度お試してください

とも書かれていますしおすし。

ちなみに「後で確認」を押すとプロパティ一覧の一番下の方に未認証という項目に出てきますので、暫く経過したら確認すると認証されるかと思います!( ´∀`)bグッ!

「後で確認」を押すとプロパティ一覧の一番下の方に未認証という項目に出てきます

正しく認証されるとプロパティ一覧にドメイン名の下にドメインプロパティと表記されているプロパティが表示されるようです。

正しく認証されるとプロパティ一覧にドメイン名の下にドメインプロパティと表記されているプロパティが表示されるようです。

これで完了キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

この設定をしておけばサブドメインを含めた検索パフォーマンスを確認することが可能になります。

ドメインプロパティを使わない場合には各サブドメイン単位でプロパティを追加して行き、各サブドメインのプロパティごとの検索パフォーマンスしか見ることが出来ません;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

ただ、以前のサーチコンソールでは行えたプロパティセットでは別ドメインの検索パフォーマンスをまとめるという使い方は出来なくなったようです。

個人的には便利で多用していたので残念・・・(´;ω;`)ウッ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です