Web Light の結果について

あ、ぽこたんインしたお!

久しぶりの登場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

すっかり更新するのが止まってしまいました・・・シーッ! d( ゚ε゚;)

Search Consoleを見ていたら数日前に気づいたのですが、

検索での見え方に「Web Light の結果」というのが増えていました。

目次

  1. Web Lightの結果
  2. Web Lighttとは
  3. 低帯域幅コード
  4. コード変換の対象
  5. コード変換の制限

Web Light の結果

Search Consoleの検索アナリティクスで見る限りですと、4月30日から集計されているっぽいです(´・∀・`)ヘー

Web Lightとは

ヘルプでWeb Light の結果を調べてみると下記のページがありました。

Web Light: 検索されたモバイルページを軽量化して読み込みを高速化する

Google では、低速のモバイル接続で検索するユーザー向けに、軽量で読み込みが速いページを表示しています。低速のネットワークでもスムーズに表示できるよう、ウェブページをその場でコード変換するので、ページの読み込みが高速になる一方で、データ通信量が節減されます。この技術は Web Light と呼ばれています。Web Light ページでは、関連コンテンツの大半が維持され、元のページを表示するリンクもユーザーに提示されます。Google でのテストによると、最適化したページの読み込みは元のページより 4 倍速く、使用するバイト数も 80% 削減されます。また、こうしたページは高速で読み込めるため、ページヘのトラフィックも 50% 増加しました。

とのことです。
低速のネット回線を利用しているユーザー向けに、Googleが最適化をして表示したページの結果に流入してきたユーザーの結果ということのようです。

低帯域幅コード

実際にどう表示されるか確認するためのツールとして下記のものが用意されていました。

低帯域幅コード変換

確認したいURLを入力して実行するとQRコードが出力されるので

それを実機で読み取るとコード変換されたページが確認できるようです。

実際に確認してみたところですと高速化の為かgifアニメーションが動かない状態で表示されたり、cssとかが若干聞いていない状態で表示がされていました(´・∀・`)ヘー

ドロワーが開かなかったよ!!Σ(゚д゚lll)ガーン

ちなみにURLは下記の感じになるようです。

ページのホスト名に googleweblight.com が付加されます。つまり、example.com/mypage にあるページの場合、コード変換されないページの指標は example.com/mypageとして表示され、コード変換されたページの指標は example.com.googleweblight.com/mypage として表示されます。

コード変換の対象

・低速のネットワーク接続を使用していると Google が検出した場合。(低速として判定する基準は不明)
・Chrome ブラウザと Android ブラウザ(バージョン 2.3 以上)からの検索
・スマートフォンを使用している場合のみです。(パソコンやタブレット対象外)
・コード変換されたページから別ページへの遷移も基本的に全てコード変換される。※コード変換が出来ないページなどは対象外

コード変換の制限

・Google アナリティクスはページビューの統計情報のみがサポート。(ユニバーサル アナリティクスのみがサポート)
(イベント トラッキングはレポートされない)
・ページに表示される広告の数は3つが上限(広告は元のページでリクエストされている順番で選択)

まとめ

対象が低速ネット回線が前提という事もあり

Search Consoleの検索アナリティクスで、国を絞ると主要国では対象なるデータが殆どありませんでした。

私のデータですと、インドネシア、ブラジル、インドが大半のデータとなっていました。

ということは日本ユーザーなどではあまり遭遇しないページなのかもしれませんね(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

 

とりあえずGoogle先生♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪サンキュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です